HOME > 大正堂から生活のご提案 > ブランド案内1

ブランド案内

photo
  • ウィドゥスタイル
  • ウィドゥスタイル
  • ウィドゥスタイル
  • ウィドゥスタイル

(株)ウィドゥ・スタイル

株式会社ウィドゥ・スタイルは1966年に大塚グループの医.食.住の「住」を担う事業として発足しました大塚家具工業(株)が始まりであり、2016年に創立50周年を迎えました。これを機に2016年4月、親会社の大塚化学(株)の保有株式を現経営陣が引き受け、MBOにて大塚グループより正式に独立し、新組織で事業を継承、運営する体制と移行し、2017年4月1日より大塚家具製造販売(株)は株式会社ウィドゥ・スタイルと変更いたしました。

国内外の生産協力工場のグローバルネットワークと永年築き上げたデザイン、設計力を強みとした製品開発力の強力化に取り組み「私たちは家具を通して生活の快適さを提案いたします」を企業理念に揚げ、創造的デザイン開発と品質の確保に努め、お客様に貢献・信頼される企業を目指しています。

(株)ウィドゥ・スタイル
photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

(株)浜本

家具は特別なものではなく、毎日使うことに価値があります。だからこそ、安心して使える素材と確かな技術にこだわるべきであると考えています。当社は創業より、正直な素材と正直な技術で安心・安全性を高め生涯を通じて愛着を持って使っていただける家具づくりを目指してまいりました。そのこだわりと理念はこれからも変わることはありません。求められるニーズや多様化するライフスタイルにも柔軟にお応えしながらすべてのお客さまへ豊かな暮らしお届けしていきます。当社の楢(ナラ)材へのこだわりは、「良質な家具づくりには、良質な素材選びから」という考えから始まりました。良質な楢材は、古くから高級家具材や船材、海外ではウイスキーやワインの樽の材料として珍重されるほど、堅く重厚で耐久性に優れているのが特徴で、長くお使いいただきたい家具にとっては最適の素材です。また、楢材は繊細で優しい木目の表情があることも特徴。時間の経過とともに美しく浮かび上がる様子を、愛着を持ってお楽しみいただけるのも楢材ならではの魅力です。安価な家具の多くが海外で製造されるなか、当社では加工から仕上げまでを国内生産で行っています。それは、厳しい品質管理と徹底した技術管理のもとで、品質の高い家具をお客さまにお届けするためです。当社の家具に焼印された「浜本工芸」のマークは、安心と信頼の証であると同時に、ひとつひとつの家具にこだわり抜いた当社の自信の表れでもあります。
(株)浜本

東京ベッド(株)

東京ベッド(株)

(株)プレ-ベル

(株)プレ-ベル
photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

(株)川島織物セルコン

当社は、着物ファン憧れの"川島の帯"や緞帳・祭礼幕を扱う「呉服・美術工芸織物事業」、明治宮殿の室内装飾を手がけて以来カーテン、カーぺット、壁装、その他各種インテリア商品で日本の室内装飾を牽引してきた「インテリア・室内装飾事業」、自動車、列車、航空機など移動体空間のシートや内装を手がける「自動車・列車・航空機内装材事業※」の3つの事業を運営してまいりました。これらの事業はそれぞれ個性と特徴を持っておりますが、3事業に共通するファブリックを通じたモノづくりの技術とこだわりは、当社の伝統として生き続けています。私どもは事業を通じ、「世界のお客様に感動と満足を与える商品・サービスを提供することにより、常に新しい文化を創造、提案し、心豊かな社会の発展に貢献する」という企業理念の実現に挑戦しています。このホームページでは、その活動や技術、商品の一部をご紹介しております。川島織物セルコンは、昨年8月1日よりLIXILグループの一員となり、新たなスタートを切りました。これにより当社はLIXILグループという大きなステージに立ち、海外マーケットをも展望した事業運営をしていくことになります。当社は、引き続き高品質の価値ある商品をお届けすることにより、インテリアファブリックスにおける世界のリーディングカンパニーを目指し、これからもたゆまぬ努力を続けてまいります。皆さまの一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
(株)川島織物セルコン