HOME > 家具の豆知識

家具の豆知識

代表的な家具の材質や構造、塗装などをご紹介します。
また、お手入れの参考にもなります。
※ご紹介する内容は一般的なものです。
詳細は「専門書」や「専門サイト」等でご確認ください。

材質(構造と加工)

ムク材

「天然木」そのものをいい、天然乾燥、人口乾燥をしています。「一枚板」のほかにムク材を接着した「集成材」と よばれるものもあります。天然の質感を活かした高級材。同じ商品でも木目やフシの位置が違います。

集成材

板細い棒状のムク材を接着剤でつなぎ合わせ、板状にしたものをいいます。天然の質感は一枚板のムク材と変わりません。

フラッシュ構造

棒状の枠材で枠組みしたものを芯材にして表面素材で挟み込んだものです。中空で軽いため扉や収納家具のパネル、家具の表面に使用されます。

天然木化粧合板(ツキ板)

家具用木材のムク材の中の優れたものを薄いシート状に切り合板の表面に貼り付けたものです。美しい木目が表現され、天然の素材感や質感が得られます。北欧家具にもよく使われています。

スターウッド中質繊維板(MDF)

木質繊維を成形したもの。廃材や建築解体材などのリサイクル資材を使用しています。その密度によりMDFという中質繊維版とスターウッドという硬質繊維板に分かれます。表面がなめらかで硬いので、表面下地材に多く使用。組立商品でネジを 何度も締めすぎるとまわりの材質がゆるみくずれることがあるので注意する必要があります。

ポリエステル樹脂化粧合板

合板そのものに木目などを印刷したチタン紙または色原紙を貼り、その上にポリエステル樹脂を塗装したものです。表面が硬く丈夫で耐衝撃性に優れ傷がつきにくく耐熱性、耐水性があります。

パーティクルボード

木材の小片(ウッドチップ)を乾燥して熱を加え熱圧で成形した板状のもの。木材の持つ割れ、節、方向性が無く、寸法も安定しています。フラッシュ構造の芯材として多く使われます。

ハニカムコア構造

クラフト紙やアルミニウムの薄板などを蜂の巣状にしたサンドイッチパネルを芯材として両面に合板を 貼ったものです。軽量で強度があるため、収納家具の面材や扉材によく使われます。

メラミン樹脂化粧合板

表面の化粧板にメラミン樹脂を浸透させ高圧で芯材と圧着し硬化させた化粧板です。硬質で耐熱性、耐摩耗性に優れた材質です。家電収納食器棚用カウンターやシステムキッチンカウンターなどに使用されています。

プリント紙化粧合板

合板に木目などを印刷したシート(紙)や色原紙を貼り、その上に主にアミノアルキド樹脂系の仕上 げ塗装を施したものです。同一の色柄や木目での生産が可能。大量生産によるコストダウンも可能な材質です。粘着力が強いものを貼り付けると表面が剥がれることが あるので注意します。