HOME > 大正堂から生活のご提案 > ブランド案内

ブランド案内

photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

カリモク家具(株)

木を知り、木を愛する家具メーカーとして「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい。」 本物の木の家具には、温もりがあります。 優しい肌触りの木肌、美しい木目には、心を癒してくれるチカラがあります。 幾星霜もの年輪を刻み、樹木から木材、そして家具となってもなお生き続ける木―――。 カリモクは「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」 を合言葉とし、これからも木と語り合いながら“お客様に愛される家具”をお届けしたいと願っています。
カリモク家具(株)
photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

フランスベッド(株)

日本に洋風の生活様式が根づいていなかった昭和20年代。フランスベッドの創業者、池田實は当時はまだ珍しかったベッドづくりに着手しました。最初に発売したのは、「昼はソファ、夜はベッド」で知られる分割式ソファベッドです。日本の狭い住宅事情に合わせて改良されたベッドは大評判となり、本格的にベッドづくりに取り組む契 機となります。その後、池田はヨーロッパやアメリカに定 期的に出かけ、欧米のベッドづくりを猛勉強します。そして、その現場を目の当たりにしたとき、ある重大なことに気がつきます。それは、日本人と欧米人の間にある、体型と生活環境の違いでした。ベッドの硬さひとつでも、欧米人にとっては普通の柔らかさが、日本人にとっては柔らかすぎる─。それは、日本人と欧米人の骨格の違いによるものであり、さらに畳の生活が長かった日本人の生活環境からくる感覚的なものであることも次第にわかりました。そのとき、欧米のベッドをそのまま真似て作ったのではいけない。日本人に合うベッドづくりが必要だと確信したのです。
フランスベッド(株)
photo
  • photo
  • photo
  • photo

日本ベッド製造(株)

私たちがベッドで眠るようになってから、いったいどれくらいの時がたったのでしょう。畳と布団の睡眠環境から、ベッドで眠るという洋風のスタイルがすっかりあたり前になった今、改めて問い直されているキーワードが「人と環境にやさしい」ということではないでしょうか。たとえば、身体や環境に安全な素材を使う、資源を無駄にせず長く使い続けられるものをつくる、それも大切な選択です。けれども、日本ベッドはもっと原点までこだわります。それはベッドを作る環境。ベッドは、大量生産される工業製品ではなく、私たちの暮らしに密着した「家具」。私たちが毎晩ベッドで眠る時の環境と同じくらい、そのベッドをつくる環境も、安全でクリーンであるべきだと考えるのです。さらに、工場内は常に清潔さと安全性をキープ。日本ベッドのマットレスやベッドは、美しい緑と空気、清潔で恵まれた環境の中、卓越した技術と伝統の製法によってシステマティックにつくられているのです。そう、信頼できる「人」と「環境」に育まれてつくられるベッドだからこそ、安全でクリーンでやさしい睡眠環境を届けることができると信じているのです。
日本ベッド製造(株)
photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

アスワン(株)

“Amenity By Total Interior Supply” これが私たちアスワングループの企業活動の基本理念です。快適な生活空間を創造し続けることが私たちの使命であり、その目的を実現するよう、日々、改善、改革を行い、顧客から信頼される「最良」の企業になりたいと考えています。そして、私たちが進むべき分野において、常にオンリーワンの道を目指し、そのオリジナリティを高め続けることに企業の存在価値を求めています。
アスワン(株)
photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

コイズミファニテック(株)

創業以来、私達は常に人々の暮らしを見つめる中からこれまで数多くの先駆的な製品を世に送りだしてきました。それらは新鮮な驚きと好感をもって、その時々に人々の生活の中に受け入れられ、生活を快適にするインテリアとして定着しています。その製品開発のベースにあるのは「新しい着眼と独自の発想によって常に鮮度豊かな製品をお届けするという理念です。日本社会は今、あらゆる面で大きく変わろうとしていますが、今後も私達グループは、この理念を全社員が共有し続け、豊かな感性と創造力で暮らしの中の新しい課題を発見し、それを解決する最適な答えを生み出していきます。また、省エネや健康に配慮した製品やサービスの開発をはじめとする環境活動を全社的に推進しながら、循環型社会の構築に向けた21世紀に相応しい企業像を目指します。
コイズミファニテック(株)